• UPDATE

バイオセンサー(Biosensor)の基礎、仕組みと用途

バイオセンサーは、組織、酵素、抗体、または核酸などの生物学的要素を物理的なトランスデューサーまたはセンサーと組み合わせて、特定の分析物またはターゲットに応答して電気信号を生成するデバイスです。生物学的要素は、目的の分析物に結合する能力、反応する能力、または特異的に認識する能力に基づいて選択されます。物理トランスデューサーは、電気抵抗、電圧、または電流の変化など、生物学的反応を測定可能な信号に変換する役割を果たします。

Ⅰ.バイオセンサーの仕組みのより詳細な説明は次のとおりです。

  1. バイオセンサーの生物学的要素は、標的分析物を特異的に認識する能力に基づいて選択されます。たとえば、酵素ベースのバイオセンサーは、グルコースを特異的に認識して反応する酵素グルコースオキシダーゼを使用する場合があります。
  2. 生物学的要素は、通常はトランジスタや微小電極などのマイクロ電子デバイスである物理トランスデューサの表面に固定されます。
  3. 試験対象のサンプルに標的分析物が存在する場合、それはバイオセンサーの表面の生物学的要素に結合します。この結合は、生物学的要素に物理的または化学的変化を引き起こし、トランスデューサによって検出されます。
  4. トランスデューサーは、物理的または化学的変化を電気信号に変換し、バイオセンサーの電子機器によって増幅および処理されます。
  5. バイオセンサーの電子機器は、電気信号を電圧、抵抗、または電流の変化などの測定可能な出力に変換します。これは、読み取り値に表示したり、さらなる分析のためにコンピューターに送信したりできます。

Ⅱ.バイオセンサーには、従来の分析方法に比べて次のような多くの利点があります。

  1. 迅速な分析: バイオセンサーは、従来の方法では数時間または数日かかるのに対し、数秒または数分で結果を提供できます。
  2. 高い感度と特異性: バイオセンサーは非常に少量の標的分析物を検出でき、特異性が高いため、標的分析物にのみ反応し、他の物質には反応しません。
  3. リアルタイム測定: バイオセンサーは、ターゲット分析物をリアルタイムで継続的に監視し、継続的なデータ ストリームを提供できます。
  4. 携帯性: 多くのバイオセンサーは小型で携帯性に優れているため、現場やポイントオブケアでの使用に適しています。
  5. 低コスト: バイオセンサーは、特に大量に使用する場合、従来の分析方法よりも安価に使用できます。

 

Ⅲ.バイオセンサーには、次のようなさまざまな分野で幅広い用途があります。

  1. 医療診断: バイオセンサーは、糖尿病、がん、心血管疾患などのさまざまな病気の診断と監視に使用されます。たとえば、グルコース バイオセンサーは糖尿病患者の血糖値を監視するために使用され、がんバイオセンサーは血液中の特定のがんマーカーの存在を検出するために使用されます。
  2. 環境モニタリング: バイオセンサーは、重金属、殺虫剤、有毒化学物質などの環境汚染物質を監視するために使用されます。たとえば、水質バイオセンサーを使用して、飲料水中の汚染物質の存在を検出できます。
  3. 食品の安全性: バイオセンサーは、食品中の細菌やウイルスなどの病原体の存在を検出するために使用されます。また、果物の熟度や腐敗菌の存在など、食品の品質を監視するためにも使用できます。
  4. 産業プロセス制御: バイオセンサーは、ビールの発酵や化学物質の生産などの産業プロセスを監視するために使用されます。最終製品の品質と一貫性を確保するのに役立ちます。
  5. 軍事および国土安全保障: バイオセンサーは、兵器として使用される可能性のある毒素や病原体などの生物学的因子の存在を検出するために使用されます。
  6. 環境モニタリング: バイオセンサーは、重金属、殺虫剤、有毒化学物質などの環境汚染物質を監視するために使用されます。たとえば、水質バイオセンサーを使用して、飲料水中の汚染物質の存在を検出できます。
  7. 農業の監視: バイオセンサーは、土壌や植物の健康状態を監視したり、害虫や病気の存在を検出したりするために使用されます。
  8. 宇宙探査: バイオセンサーは、宇宙飛行士の健康を監視し、宇宙での微生物の存在を検出するために使用されます。

関連記事

  1. バイオファブリケーション(Biofabrication)とは…

  2. バイオロジー(生物学)について

  3. エネルギー関連用語の説明

  4. AM メディカル(AM Mdical)とは何か?

  5. デジタルトランスフォーメーションと印刷

  6. 物流業関連用語の説明