• UPDATE

バイオテクノロジーとその応用分野

 

バイオテクノロジーは、生物やバイオプロセスを使用して製品を製造または変更したり、植物や動物を改良したり、特定の用途のために微生物を開発したりする応用生物学の分野です。これには、発酵、遺伝子工学、組織培養などの幅広い技術が含まれます。

発酵とは、酵母やバクテリアなどの微生物を使って炭水化物をアルコールや酸に変換するプロセスです。このプロセスは、食品や飲料 (ビール、ワイン、パンなど) や工業製品 (バイオ燃料やバイオプラスチックなど) など、さまざまな製品の製造に使用されています。

遺伝子工学とは、生物の DNA を操作して、望ましい特性を与えるプロセスです。遺伝子組み換え生物 (GMO) を作成するために使用されます。これは、自然に発生しない方法で遺伝物質が変更された生物です。

組織培養は、実験室で細胞または組織を増殖させるプロセスです。細胞の成長と発達を研究するため、また研究や治療目的で大量の細胞や組織を生産するために使用されます。

全体として、バイオテクノロジーには、医療、農業、食品および飲料産業など、幅広い用途があります。

関連記事

  1. 書籍出版のご案内:アマゾンからChatGPTのガイドブックが…

  2. デジタルクレデンシャルとオープンバッジ

  3. 印刷用語解説 for プレス

  4. 発色を自由に制御出来るメタマテリアルの技術と応用

  5. インクジェット4.0 セミナー:基礎から先端技術/製品まで

  6. ロボティックス関連用語の説明