• UPDATE

バイオファブリケーション(Biofabrication)とは?

 

バイオファブリケーションは、生体材料と生きた細胞を使用して構造とデバイスを作成するプロセスです。機能的な構造や製品を製造するために、細胞や組織を操作する必要があります。バイオファブリケーションの目標は、医療、組織工学、環境修復など、さまざまな用途に使用できる機能的で生きた材料とデバイスを作成することです。

バイオファブリケーションには、3D プリンティング、バイオプリンティング、細胞パターニングなど、いくつかのアプローチがあります。3D プリンティングでは、プリンターを使用して、細胞やタンパク質などの生体物質を含むさまざまな材料を使用して層ごとに構造を構築します。バイオプリンティングでは、生きた細胞や組織を特定のパターンで印刷して、機能的な構造や製品を作成します。細胞パターニングでは、細胞を特定のパターンで表面に配置して、機能的な組織または材料を作成します。

バイオファブリケーションは、組織工学と創薬に新しいアプローチを提供することにより、医学を含む多くの分野に革命を起こす可能性を秘めています。また、環境修復に使用したり、さまざまな用途で使用する持続可能な材料を作成したりする可能性もあります。

バイオファブリケーションの例としては、移植に使用する機能組織や臓器の作成、生きた細胞を使用した薬物送達システムの作成、建設やその他の産業で使用する持続可能な材料の作成などがあります。バイオファブリケーションは、多くの分野に革命を起こす可能性を秘めており、多くの人々の生活の質を大幅に改善する可能性を秘めています。

  • 3D プリントは、プラスチック、金属、細胞やタンパク質などの生体物質など、さまざまな材料を使用して層ごとに 3 次元オブジェクトを構築する製造プロセスです。3D プリントでは、デジタル デザインを使用してオブジェクトの仮想モデルを作成し、プリンターはデザインに従ってレイヤーごとにオブジェクトを構築します。3D プリンティングには、プロトタイピング、製造、組織工学など、幅広い用途があります。
  • バイオプリンティングは、生きた細胞や組織を特定のパターンで印刷して、機能的な構造や製品を作成する 3D 印刷の一種です。バイオプリンティングは、移植に使用する機能的な組織や臓器を作成したり、薬物送達システムやその他の医療機器を作成したりするために使用できます。
  • 細胞パターニングは、細胞を特定のパターンで表面に配置して、機能的な組織や材料を作成するために使用される技術です。細胞のパターニングは、移植や組織工学に使用する機能的な組織を作成するために使用できます。また、建設や環境修復など、さまざまな用途で使用する材料の作成にも使用できます。

関連記事

  1. バイオエコノミーについて

  2. ラボ・オン・チップ(Lab-on-a-chip)について

  3. 3Dフードプリンティングとヘルスケア

  4. 培養肉開発を進める世界の企業と研究機関

  5. フレキシブル エレクトロニクス用のグラフェンとインクジェット…

  6. バイオセンサー(Biosensor)の基礎、仕組みと用途