• UPDATE

情報通信関連用語の説明

情報通信は、情報を伝送し共有するための技術やプロセスを指します。この分野では、電子機器やネットワークを使用して、データやメッセージを送受信する方法が開発されています。情報通信技術は、現代社会において非常に重要で、私たちの生活やビジネスのあらゆる側面に影響を与えています。

情報通信の基盤となる技術の1つは、インターネットです。インターネットは、世界中のコンピュータネットワークを相互に接続する巨大なネットワークです。人々はインターネットを介して電子メールを送信し、ウェブサイトを閲覧し、オンラインでコミュニケーションを取ることができます。また、ソーシャルメディアやオンラインショッピングなどのサービスも利用できます。

情報通信技術には、データの伝送や共有を可能にするさまざまなプロトコルや規格が存在します。例えば、インターネットプロトコル(IP)は、データのパケット化と転送を管理します。ハイパーテキスト転送プロトコル(HTTP)は、ウェブページの要求と応答を処理します。また、無線通信技術(Wi-Fi、Bluetooth、モバイルネットワークなど)も情報通信の一環として広く使用されています。

情報通信技術は、ビジネスや組織にとっても重要です。企業は電子メールやビデオ会議などのツールを使用して、社内コミュニケーションや顧客とのコミュニケーションを効率化しています。また、クラウドコンピューティングは、データやアプリケーションのストレージや処理をオンラインで提供し、企業が柔軟なITインフラストラクチャを利用できるようにします。

さらに、情報通信は教育や医療分野にも大きな影響を与えています。オンライン教育プラットフォームは、遠隔地にいる学生に高品質の教育を提供し、知識を広める機会を提供しています。また、遠隔医療技術は、医師が患者とオンラインでコミュニケーションを取り、診断や治療を行うことを可能にしています。

情報通信技術は急速に進化しており、新しい技術やサービスが続々と登場しています。人工知能(AI)やビッグデータ分析、ブロックチェーンなどの技術は、情報通信分野における新たな可能性を開拓しています。これらの技術は、より効率的な通信やデータ処理、セキュリティの向上など、さまざまな領域での革新をもたらしています。

情報通信は私たちの生活において不可欠な役割を果たしており、日々の活動やビジネスにおいて広範で重要な役割を果たしています。技術の進歩とともに、ますます多様な方法で情報を伝え、共有することができるようになり、私たちの生活がより便利でつながりのあるものになっています。

1.AI – Artificial Intelligence(人工知能)

AI(Artificial Intelligence)は、コンピューターシステムや機械が人間のような知的な活動を行うための技術や手法を指します。AIは、データを解析し、学習し、問題を解決するためのアルゴリズムやモデルを使用して、知的なタスクを実行します。

AIは、さまざまな分野で活用されており、自動運転車、音声認識システム、機械翻訳、画像認識、推薦システムなどのアプリケーションに利用されています。AIの基本的な概念は、以下の3つのカテゴリーに分類されます。

  1. 弱いAI(Narrow AI)または特化型AI:特定のタスクに関連する知能を持つシステムです。例えば、チェスや囲碁のプレイヤーのように、特定のゲームや問題に対して高いパフォーマンスを発揮します。弱いAIは、特定の領域においては人間を超える能力を持つことがありますが、他の領域では制限された能力しか持ちません。
  2. 強いAI(General AI)または汎用型AI:人間と同等またはそれ以上の知能を持つシステムです。強いAIは、幅広いタスクや問題に対して柔軟に対応できるとされています。つまり、知識や経験を活用して自律的に学習し、さまざまな課題を解決できる能力を持つとされています。しかし、現在の技術ではまだ完全な強いAIを実現することは困難です。
  3. 人間とAIの共生(Augmented Intelligence):人間の能力を補完し強化するためにAIを使用する概念です。人間とAIが連携し、相互補完的な関係を築くことで、より効果的な意思決定や問題解決が可能となります。AIは人間の認知能力を補完することによって、生産性や効率を向上させる役割を果たします。

AIの実現には、機械学習(Machine Learning)、深層学習(Deep Learning)、自然言語処理(Natural Language Processing)、コンピュータビジョン(Computer Vision)などの技術や手法が利用されます。機械学習は、データからパターンを抽出し学習するアルゴリズムを指し、深層学習は多層のニューラルネットワークを使用して高度な特徴の抽出や学習を行います。

AIの課題としては、倫理やプライバシーの問題、バイアスや公平性の懸念、データの品質と信頼性の確保などがあります。また、AIの活用に伴い、法的な規制や社会的な影響についても考慮される必要があります。

AIは今後も進化し続け、私たちの生活や社会に深い影響を与えるでしょう。進歩したAI技術は、新たな可能性を切り拓き、私たちの問題解決や創造的な活動を支援するための重要なツールとなることが期待されています。

2.IoT – Internet of Things(モノのインターネット)

IoT(Internet of Things)は、「モノのインターネット」とも呼ばれ、インターネットを介して相互に接続された物理的なデバイスやオブジェクトのネットワークを指します。これらのデバイスは、センサーやアクチュエータなどの技術を使用してデータを収集し、相互に情報を交換したり、リアルタイムで制御したりすることができます。

IoTの目的は、私たちの日常生活やビジネスの様々な側面で効率性や便利さを提供することです。IoTデバイスは、家庭、工場、交通システム、農業、ヘルスケア、エネルギー管理など、さまざまな領域で利用されています。

IoTの特徴的な要素は以下の通りです:

  1. 接続性:IoTデバイスは、インターネットを通じて相互に接続されます。これにより、デバイス同士やデバイスとクラウドサーバーとの間でデータの送受信や指示のやり取りが可能になります。
  2. センサーとアクチュエータ:IoTデバイスには、さまざまな種類のセンサー(温度、湿度、光、位置など)が搭載されています。これにより、環境やイベントのデータを収集し、アクチュエータを介して制御や応答を行うことができます。
  3. データの収集と分析:IoTデバイスは、センサーから収集したデータをクラウド上のデータベースやアプリケーションに送信します。収集されたデータは分析され、洞察やパターンの把握、意思決定の支援に活用されます。
  4. 自律性と自動化:IoTデバイスは、プログラミングやアルゴリズムに基づいて自律的に動作することがあります。デバイス間での通信や制御は、人間の介入なしに自動的に行われます。

IoTの利点としては、以下のようなものがあります:

  • 効率と生産性の向上:IoTデバイスによって、自動化やリアルタイムのデータ収集により、プロセスやタスクの効率化が可能になります。例えば、スマートホームでは、照明や温度制御、セキュリティシステムを自動化して快適さと省エネルギーを実現します。
  • 情報のリアルタイム監視と応答:IoTデバイスは、リアルタイムでデータを収集し、分析して状況を把握します。これにより、異常や問題が発生した場合にすばやく対応することができます。例えば、工場の設備監視システムは、故障の予兆を検知してメンテナンスを行うことができます。
  • 新たなビジネスモデルの創出:IoTは、新たなビジネスモデルやサービスの創出を促進します。例えば、サービスプロバイダーは、IoTデバイスを活用したデータベースや分析サービスを提供することができます。

ただし、IoTにはいくつかの課題も存在します。セキュリティリスクやプライバシーの問題、大量のデータの管理や解釈の難しさ、相互運用性の確保などが挙げられます。これらの課題に対処するために、セキュリティ対策や標準化の取り組みが行われています。

IoTは、ますます私たちの生活やビジネスに浸透し、デバイス間のつながりとデータの活用が進んでいくことが予想されています。

3.VPN – Virtual Private Network(仮想プライベートネットワーク)

VPN(Virtual Private Network)は、公衆ネットワーク(通常はインターネット)を使用して、安全な通信やデータ転送を実現するための技術です。VPNは、ユーザーがリモートからネットワークにアクセスする際に、暗号化や認証などのセキュリティ手法を使用して、プライベートな通信環境を提供します。

VPNの主な目的は、以下のようなものです:

  1. セキュリティの確保:VPNは、公衆ネットワーク上でデータを暗号化し、送信することによって、外部からの盗聴やデータの改ざんを防ぎます。VPN接続を使用することで、ユーザーは安全にデータを送受信することができます。
  2. プライバシーの保護:VPNは、ユーザーのIPアドレスやオンラインアクティビティを隠すことができます。ユーザーはVPNサーバーを経由してインターネットに接続するため、自分の実際の場所やアイデンティティを隠すことができます。
  3. ジオグラフィック制限の回避:一部のコンテンツやサービスは、地理的な制限により、特定の地域からのアクセスのみを許可しています。VPNを使用すると、ユーザーは仮想的な場所からインターネットに接続するため、地理的な制限を回避することができます。

VPNは、以下の要素から構成されます:

  • VPNクライアント:VPNに接続するために使用するアプリケーションやソフトウェアです。ユーザーはVPNクライアントを自分のデバイスにインストールし、VPN接続を確立します。
  • VPNサーバー:ユーザーが接続するためのリモートサーバーです。VPNサーバーは、ユーザーのデータを受け取り、暗号化して公衆ネットワーク上を経由して送信します。
  • トンネリングプロトコル:VPN接続に使用されるセキュリティプロトコルです。トンネリングプロトコルは、データの暗号化や認証、データのパケット化などを管理します。一般的なトンネリングプロトコルには、OpenVPN、IPsec、L2TPなどがあります。

VPNは、個人のプライバシーやセキュリティを保護するためだけでなく、企業や組織においても重要な役割を果たしています。企業は従業員がリモートから安全にネットワークにアクセスできるようにするために、VPNを利用しています。

最後に、VPNの利点としては、セキュリティとプライバシーの向上、ジオブロックの回避、匿名性の確保、リモートアクセスの提供などが挙げられます。ただし、VPNのパフォーマンスはネットワークの速度に影響を与える場合があるため、使用する際には注意が必要です。

4.HTML – Hypertext Markup Language(ハイパーテキストマークアップ言語)

HTML(Hypertext Markup Language)は、ウェブページを作成するための標準的なマークアップ言語です。HTMLは、テキストベースのコードを使用して、ウェブページの構造やコンテンツを記述します。ハイパーテキストは、テキストやメディアなどの情報が相互にリンクされている形式を指し、HTMLはこのハイパーテキストを作成するためのマークアップ言語です。

HTMLは、以下のような要素から構成されています:

  1. タグ(Tags):HTMLでは、タグを使用して要素を定義します。タグは角かっこ(< >)で囲まれたテキストで表され、要素の開始と終了を示します。例えば、<p>は段落を表す開始タグであり、</p>は段落の終了タグです。
  2. 要素(Elements):HTMLの要素は、タグで囲まれたコンテンツです。要素は、ウェブページの構造やコンテンツを表します。例えば、<h1>は見出しを表す要素であり、<img>は画像を表示するための要素です。
  3. 属性(Attributes):要素には、さまざまな属性が付けられることがあります。属性は、要素の振る舞いやスタイルを指定するために使用されます。例えば、<img>要素には、画像のソースを指定するためのsrc属性や代替テキストを指定するためのalt属性があります。

HTMLの主な役割は、以下のようなものです:

  • ウェブページの構造化:HTMLは、ウェブページの構造を定義します。見出し、段落、リスト、テーブルなどの要素を使用して、コンテンツを意味的に分類し、階層的な構造を作成します。
  • ハイパーリンクの作成:HTMLは、テキストや画像などの要素にハイパーリンクを追加するためのアンカータグ(<a>)を提供します。ハイパーリンクをクリックすると、別のウェブページや同一ページ内の別の場所にジャンプすることができます。
  • マルチメディアの統合:HTMLは、画像、動画、音声などのマルチメディアコンテンツの埋め込みをサポートします。<img>タグや<video>タグなどを使用して、ウェブページにメディアを表示できます。
  • フォームの作成:HTMLは、ユーザーからの入力を受け付けるフォームを作成するための要素を提供します。テキストボックス、チェックボックス、ラジオボタン、ボタンなどのフォーム要素を使用して、ユーザーとの対話を実現します。

HTMLは、ウェブ開発において基本的な言語であり、CSS(Cascading Style Sheets)やJavaScriptと組み合わせて、魅力的で対話的なウェブページを作成することができます。

5.CSS – Cascading Style Sheets(カスケーディングスタイルシート)

CSS(Cascading Style Sheets)は、HTMLやXMLなどのマークアップ言語を使用して作成されたウェブページのスタイルやレイアウトを指定するためのスタイルシート言語です。HTMLがウェブページの構造を定義するのに対し、CSSはウェブページの見た目や装飾を制御します。

CSSは、以下のような特徴を持っています:

  1. スタイルの分離:CSSは、ウェブページのスタイル情報をHTMLのコンテンツから分離します。これにより、同じスタイルを複数のページで共有することができます。スタイルの変更や修正も容易になり、メンテナンス性が向上します。
  2. カスケーディング(Cascading):CSSは「カスケード」の原則に基づいてスタイルを適用します。複数のスタイルルールがある場合、優先度やセレクタの特定の順序に従ってスタイルが適用されます。この仕組みにより、特定の要素に複数のスタイルを適用することができます。
  3. スタイルの継承:CSSでは、要素が他の要素からスタイルを継承することができます。例えば、親要素のスタイルが子要素にも適用されます。これにより、スタイルの再利用性と一貫性が向上します。

CSSの主な役割は、以下のようなものです:

  • レイアウトの制御:CSSを使用すると、ウェブページの要素の位置、サイズ、配置などを制御することができます。ブロック要素やインライン要素を指定して、カラムレイアウトやグリッドレイアウトを作成することができます。
  • 見た目の装飾:CSSは、テキストや背景の色、フォント、ボーダー、ボックスの影など、要素の見た目や装飾を指定するために使用されます。これにより、ウェブページのビジュアルデザインをカスタマイズすることができます。
  • レスポンシブデザイン:CSSは、メディアクエリを使用して、デバイスの画面サイズや解像度に応じたスタイルを適用することができます。これにより、モバイルフレンドリーなレスポンシブデザインを実現し、異なるデバイスでの最適な表示を提供することができます。

CSSは、ウェブ開発において重要な役割を果たしており、HTMLと組み合わせて魅力的なウェブページやユーザビリティの高いインターフェースを作成するための必須の技術です。

6.API – Application Programming Interface(アプリケーションプログラミングインターフェース)

API(Application Programming Interface)は、ソフトウェアアプリケーションが他のアプリケーションやサービスと相互に通信するためのインターフェースです。APIは、プログラム間でのデータのやり取りや機能の利用を可能にし、異なるアプリケーション間での連携や統合を実現します。

APIは、以下のような形式で提供されます:

  1. Web API: Web APIは、HTTPプロトコルを通じて通信するためのAPIです。一般的に、REST(Representational State Transfer)またはSOAP(Simple Object Access Protocol)のようなプロトコルが使用されます。Web APIは、ウェブサービスやクラウドサービスからデータを取得したり、アプリケーションの機能を利用したりするために使用されます。
  2. ライブラリ/APIライブラリ: プログラミング言語のライブラリやフレームワークは、特定の機能を提供するAPIの集合です。開発者はこれらのライブラリを使用して、再利用可能なコードや機能を追加できます。例えば、画像処理やデータベースアクセスなどの機能を提供するAPIライブラリがあります。

APIの主な機能と利点は次のとおりです:

  • 機能の提供:APIは、他のアプリケーションやサービスが提供する機能を利用するための手段を提供します。例えば、地図データや天気情報、決済機能など、外部のサービスが提供する機能をアプリケーション内で利用できます。
  • データの取得と送信:APIを使用することで、他のアプリケーションやデータベースからデータを取得したり、データを送信したりすることができます。これにより、アプリケーションは外部のデータソースと連携し、リアルタイムの情報や最新のデータを利用することができます。
  • アプリケーションの統合:APIは、異なるアプリケーションやサービスを統合するための重要な手段です。例えば、ソーシャルメディアのAPIを使用して、アプリケーション内でユーザーのソーシャルアカウントにアクセスすることができます。
  • 開発の効率化:APIは、既存のコンポーネントやサービスを再利用することで、開発の効率を向上させます。開発者は、APIを使用して他のアプリケーションやサービスの機能を呼び出すことができるため、ゼロから全てを開発する必要がありません。
  • セキュリティと制御:APIは、データの送受信や機能の利用に関してセキュリティや制御を提供するための仕組みも提供します。APIプロバイダーは、アクセス制限や認証、暗号化などのセキュリティ対策を実装することができます。

APIは、ソフトウェア開発やサービス提供において非常に重要な役割を果たしています。開発者はAPIを使用して、機能の追加やサービスの拡張、データの連携などを実現し、柔軟で統合されたアプリケーションを開発することができます。

7.URL – Uniform Resource Locator(統一リソースロケータ)

URL(Uniform Resource Locator)は、インターネット上のリソース(Webページ、画像、動画、ドキュメントなど)の場所を一意に特定するためのアドレスです。URLはウェブブラウザや他のクライアントソフトウェアによって使用され、ユーザーがウェブページやオンラインコンテンツにアクセスするための手段となります。

URLは以下のような要素で構成されます:

  1. スキーム(Scheme):URLの先頭にあるプロトコル(例:http、https、ftpなど)を指定します。スキームは通信方法を示し、ウェブブラウザがどのようなプロトコルを使用してリソースにアクセスすべきかを知ることができます。
  2. ホスト名(Host):リソースがホストされているサーバーのドメイン名またはIPアドレスを指定します。ホスト名は、リソースが存在する場所を特定します。
  3. ポート(Port):リソースにアクセスするために使用されるポート番号を指定します。一般的なウェブアクセスでは、ポート番号80(HTTP)または443(HTTPS)が使用されますが、他のポート番号も指定できます。
  4. パス(Path):ホスト上のリソースの場所を示すパスを指定します。パスは、ディレクトリやファイル名などの階層構造を表現することができます。
  5. クエリパラメータ(Query Parameters):URLの末尾に「?」の後に続くパラメータを指定することができます。クエリパラメータは、リソースに渡される追加の情報やパラメータを含めるために使用されます。
  6. フラグメント(Fragment):URLの末尾に「#」の後に続くフラグメント識別子を指定することができます。フラグメントは、ウェブページ内の特定の場所(例:特定のセクションやアンカーポイント)を示すために使用されます。

URLは、ウェブ上のリソースを特定し、アクセスするための重要な要素です。ウェブブラウザや他のクライアントソフトウェアは、URLを使用してユーザーの要求に応じて適切なリソースを取得し、表示します。

8.LAN – Local Area Network(ローカルエリアネットワーク)

ローカルエリアネットワーク(LAN)は、限られた地理的範囲内で使用されるコンピュータネットワークです。LANは、オフィス、学校、家庭、ビル、キャンパスなどの小規模な場所で使用されます。LANは、ネットワーク内のコンピュータやデバイスが通信するための基盤を提供し、リソース共有、ファイル共有、プリンタ共有、インターネット接続などの機能を実現します。

以下にLANの主な特徴と利点を挙げます:

  1. 地理的範囲の制限: LANは、限られた地域内で構築されるため、比較的狭い範囲での通信をサポートします。これにより、高速かつ低遅延の通信が可能となります。
  2. 高速なデータ転送: LAN内のデバイスは、高速かつ安定したデータ転送を実現するために高速ネットワークケーブル(例:イーサネット)やスイッチなどの機器を使用します。これにより、LAN内のコンピュータ間でのデータの送受信が迅速に行われます。
  3. リソース共有: LANでは、複数のコンピュータやデバイスがネットワークを介してリソースを共有することができます。共有リソースには、プリンタ、ファイルサーバ、データベース、インターネット接続などがあります。これにより、効率的なリソース利用とコラボレーションが可能となります。
  4. セキュリティ: LANは、物理的に制御された範囲内で構築されるため、セキュリティの管理が比較的容易です。LAN内のデータは、外部のネットワークからのアクセスや攻撃から比較的保護されています。さらに、LAN内の通信を暗号化することで、データの機密性を高めることもできます。
  5. 管理の容易さ: LANは比較的小規模な範囲で構築されるため、管理が容易です。ネットワークの設定、トラブルシューティング、セキュリティの管理などが効率的に行えます。
  6. コラボレーションと通信: LANは、共有リソースやコミュニケーションツール(メール、チャット、内部ポータルなど)を通じて、組織内のメンバー間のコラボレーションとコミュニケーションを促進します。これにより、情報の共有やチームワークが円滑に行われます。

ローカルエリアネットワーク(LAN)は、小規模な地理的範囲内でのネットワーク通信を実現するための重要なツールです。組織や個人の活動をサポートし、効率的なリソース共有やコミュニケーションを実現します。

9.WAN – Wide Area Network(広域ネットワーク)

広域ネットワーク(WAN)は、地理的に広範囲に分布する複数のローカルエリアネットワーク(LAN)を接続するためのネットワークです。WANは、都市、州、国、あるいは世界中の複数の地域をカバーすることがあります。WANは、インターネット、専用回線、電話会社のネットワークなどを使用して構築され、異なる場所にあるLANやコンピュータシステムを相互に接続します。

以下にWANの主な特徴と利点を挙げます:

  1. 広範な地理的範囲の接続: WANは、地理的に離れた場所にあるLANやリモートオフィスを接続するために使用されます。これにより、異なる地域間での通信とデータの共有が可能となります。
  2. 高速なデータ転送: WANは、高速かつ信頼性のある通信を実現するために、専用の通信回線や光ファイバケーブル、高性能なネットワーク機器を使用します。これにより、広域範囲でのデータの迅速な転送が可能となります。
  3. グローバルな接続: WANは、世界中の異なる場所にあるLANやリモートオフィスを接続するため、グローバルなネットワーク通信を実現します。これにより、国際的なビジネスや組織の展開において、異なる地域間でのコミュニケーションやデータ共有がスムーズに行えます。
  4. リモートアクセス: WANは、リモートユーザーやモバイルユーザーがセキュアな接続を介して企業ネットワークにアクセスするための手段を提供します。これにより、リモートワーカーが企業のリソースにアクセスし、仕事を効率的に行うことができます。
  5. セキュリティとプライバシー: WANは、セキュリティプロトコルや暗号化技術を使用して通信を保護します。これにより、データの機密性やプライバシーを確保することができます。また、専用の仮想プライベートネットワーク(VPN)を使用して、公衆のインターネット上で安全な通信を確立することもできます。
  6. リソース共有と集中管理: WANは、異なる場所にあるリソース(ファイルサーバ、データベース、アプリケーションなど)を共有するための基盤を提供します。これにより、組織全体でのリソースの効率的な利用と管理が可能となります。

WANは、企業や組織が広範な地理的範囲にわたってネットワークを構築し、異なる場所間での通信とデータの共有を実現するための重要な技術です。

10.DNS – Domain Name System(ドメイン名システム)

ドメイン名システム(DNS)は、インターネット上でドメイン名(例: example.com)とIPアドレス(例: 192.0.2.1)の相互変換を行うための分散型のシステムです。DNSは、ユーザーが覚えやすいドメイン名を使用してウェブサイトやリソースにアクセスする際に、IPアドレスとの対応関係を提供します。

以下にDNSの主な機能と仕組みを説明します:

  1. ドメイン名の解決: DNSは、ユーザーがウェブサイトやリソースにアクセスする際に使用されるドメイン名を、対応するIPアドレスに変換します。これにより、ユーザーは覚えやすいドメイン名を使用して目的のウェブサイトにアクセスできます。
  2. ドメイン名階層: DNSは、ドメイン名を階層的な構造に組織化します。最上位の階層はトップレベルドメイン(TLD)であり、例えば.com、.org、.netなどがあります。その下にセカンドレベルドメイン(SLD)があり、例えばexample.comやexample.orgなどがあります。ドメイン名は、さらにサブドメインに分割されることもあります。
  3. ネームサーバ: DNSは、ネームサーバと呼ばれるサーバ群によって管理されます。ネームサーバは、ドメイン名とIPアドレスの対応関係を保持し、ドメイン名の解決を行います。ユーザーのコンピュータは、ドメイン名解決のためにネームサーバにクエリを送信し、対応するIPアドレスを取得します。
  4. キャッシング: DNSは、クエリ結果をキャッシュすることができます。これにより、同じドメイン名に対するクエリが再度発生した場合に、ネームサーバへの問い合わせを省略し、効率的な解決を行うことができます。キャッシングにより、ネットワークトラフィックの削減や応答時間の短縮が実現されます。
  5. レコードタイプ: DNSは、さまざまな種類のリソースレコード(RR)を管理します。主要なレコードタイプには、Aレコード(IPv4アドレスを示す)、AAAAレコード(IPv6アドレスを示す)、CNAMEレコード(別のドメイン名へのエイリアスを示す)などがあります。各レコードタイプは、特定の目的や情報を提供するために使用されます。

DNSは、インターネット上でのドメイン名解決を可能にし、ユーザーが覚えやすいドメイン名を使用してリソースにアクセスできるようにします。さらに、DNSはインターネットの基盤の一部として、メールの配信やネットワークサービスの運用にも重要な役割を果たしています。

関連記事

  1. 特許情報から見えてきたLanda Nanographic P…

  2. サステナビリティ―関連用語の説明

  3. 土木建設用語の説明

  4. インダストリー4.0時代を勝ち抜く為のJDF

  5. 業務印刷用インクジェットの基礎と導入ノウハウ

  6. バイオファブリケーションと印刷技術