• UPDATE

ラボ・オン・チップ(Lab-on-a-chip)について

LOC

ラボ オン チップ (LOC) システムは、1 つまたは複数の実験機能を 1 つのチップに統合するマイクロ流体デバイスであり、通常はシリコン、ガラス、またはプラスチックでできています。これらのデバイスは、小型でポータブルな形式で幅広い実験室試験を実行するように設計されており、化学的および生物学的分析、ならびに創薬および開発によく使用されます。

LOC システムは、マイクロスケールでの流体の操作を含むマイクロ流体技術に基づいています。マイクロ流体デバイスのチャネルとリザーバーのサイズが小さいため、流体の流れと混合を正確に制御できるだけでなく、小型で持ち運び可能な安価なシステムで幅広い化学的および生物学的反応を実行することができます。

LOC システムには、小型、携帯性、低コストなど、従来の実験方法に比べて多くの利点があります。また、多くの従来の方法よりも高速で感度が高く、少量のサンプルと試薬で幅広いテストを実行するために使用できます。

LOC システムのアプリケーションの例には、DNA 配列決定、疾患診断、環境モニタリング、創薬および創薬が含まれます。これらのデバイスは、化学、生物学、医学、工学など幅広い分野で使用されています。

ラボオンチップ (LOC) システムの設計と製造には、いくつかの手順が含まれます。

  1. LOC システムが実行する特定の機能を特定し、それに応じてマイクロ流体チャネルとリザーバーを設計します。これには通常、コンピューター支援設計 (CAD) ソフトウェアを使用してデバイスの詳細なレイアウトを作成することが含まれます。
  2. シリコン、ガラス、プラスチックなどの適切な材料を使用して LOC デバイスを作製します。これは、フォトリソグラフィー、マイクロキャスティング、マイクロマシニングなど、さまざまな技術を使用して行うことができます。
  3. 必要なセンサー、アクチュエーター、および電子機器を LOC デバイスに統合します。これには、はんだ付けや接着剤による接合などのさまざまな技術を使用して、これらのコンポーネントをデバイスに接合または取り付けることが含まれる場合があります。
  4. LOC デバイスの性能をテストおよび検証して、期待どおりに機能することを確認します。これには、さまざまな分析手法を使用してデバイスのパフォーマンスを測定し、必要な調整を行うことが含まれる場合があります。
  5. 使用するために LOC デバイスをパッケージ化します。これには、デバイスを保護ハウジングまたはエンクロージャに密閉し、必要なコネクタまたはインターフェイスを取り付けることが含まれる場合があります。

全体として、ラボ オン チップ システムの設計と製造のプロセスは複雑であり、マイクロ流体技術、材料科学、および電気工学に関する専門知識と専門知識が必要です。これは通常、科学者、エンジニア、および技術者のチームによる研​​究開発環境で行われます。

*更に詳しい情報をご希望の方は、メルマガ登録、又はお問合せにご記入ください。

関連記事

  1. デジタルクレデンシャルとオープンバッジ

  2. Versant 3100 (富士ゼロックス)

  3. インクジェット4.0 セミナー:基礎から先端技術/製品まで

  4. ナノテクノロジーとナノグラフィック・プリンティング

  5. エネルギー関連用語の説明

  6. 製造業関連用語の説明