• UPDATE

量子もつれ

量子力学におけるエンタングルメントとは、粒子が遠く離れていても、2 つ以上の粒子がそれらの特性が相関するように接続されるときに発生する現象です。これは、パーティクル間の距離に関係なく、1 つのパーティクルの状態が他のパーティクルの状態に影響を与える可能性があることを意味します。

エンタングルメントは、奇妙で直感に反する現象であり、古典物理学に類似したものはありません。これは多くの研究の対象となっており、量子コンピューターや量子暗号の開発など、量子物理学における多くの重要な発見につながっています。

エンタングルメントの最も有名な例の 1 つは、アインシュタイン-ポドルスキー-ローゼン (EPR) パラドックスです。このパラドックスでは、エンタングルメントされた 2 つの粒子が反対のスピン状態を持つことが観察されます。たとえば、一方の粒子が「上向き」のスピンを持っていることが観測された場合、もう一方の粒子は、粒子間の距離に関係なく、常に「下向き」のスピンを持っていることが観測されます。

エンタングルメントは何度も実験的に実証されており、現在では量子力学の基本的な側面と見なされています。しかし、それはまだ完全には理解されておらず、その性質と行動について多くの疑問が残されています.

関連記事

  1. バイオセンサー(Biosensor)の基礎、仕組みと用途

  2. デジタルトランスフォーメーションと印刷

  3. 医療技術の今後の動向

  4. インクジェット技術と製品の歴史(drupa2008以降)-連…

  5. 業務印刷用インクジェットの基礎と導入ノウハウ

  6. メタマテリアルの基礎、技術と応用